ホームへ戻る


小舞かべとは?

小舞とは、伝統的な和風住宅の土塗壁の下地に使う 細長い材のことで「木舞」とも書きます。 柱に小穴をあけて間渡し竹を30cm間隔で組み、 その間に小舞竹(割竹)を縦横3〜4cmの格子状に シュロ縄で編んで、その上から塗壁用の粘土を塗り込み ます。小舞を使った純和風の真壁造りの工法を 「竹小舞下地壁」といいます。


ページトップCopyright (C) 2007 有限会社 二宮製材所 All Rights Reserved. / プライバシーポリシ―